こんにちは。

新車は高くて買えない、今の車には魅力がない、すぐに乗り潰すから中古車で良い。

色んな意見が車を購入する際に生まれますよね。

でも中古車って前乗っていた人がどんな乗り方をしていたか、事故をしていたのではないかと、情報が不十分であることがあります。

そう言った場合に中古車のどこを見て、どう言ったとらえ方をして、購入に至れば良いのか。

そんな情報をお伝えしていきます。

情報の1つとして使えるのが、色。

外装で修復歴がある中古車は大抵見て分かります。



光の当たり具合などで変わったり、角度を変えてみると少し凹凸があったりなど、少し注意をすれば分かるようなことです。
参考までに私が今乗っている中古車はスポーツタイプの車になるのですが、中古取扱業者からは修復歴がある、とのことでお話を頂いていてその修復箇所も見せて頂いたのですが、なぜか全く関係のない付近のガラスの塗料が飛んだ点々の後がありました。

この時点で、直して修復した際の塗料と言うことが判明しました。


一応は気づいたのですが、私もその車に乗りたい思いが強く結局即決し、今に至ります。

他には乗ってみたいと分からない乗り心地や動作、動きは特に重要です。

初めてでもわかりやすい、中古車に関してお困りですか。

事故のあとにアライメント調整をしっかり行っていないと真っ直ぐ走りませんのですぐに分かる方思います。
更にボディの鉄板の溶接痕も要注意。
錆びていたり、ボディ左右で溶接の後が違うと間違いなく修復の痕と見て良いでしょう。

最近の東京新聞をご提案いたします。

そう言った観点で見てあげると車選びは更に楽になってくると思います。

Copyright (C) 2016 中古車を購入する時の得する情報 All Rights Reserved.